ぎゅーっとプエラリアの危険性や副作用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぎゅーっとプエラリアは、バストアップの効果があるサプリメントです。バストアップのサプリメントでは、体調が悪くなったなどの、副作用を感じる人もいるのです。

 

私もぎゅーっとプエラリアを購入する前に、危険性や副作用について不安に思ったので、かなり詳しく調べてみました。危険性や副作用についてわかった事を書いていきますのでご参考にどうぞ!

 

 ぎゅーっとプエラリアの危険性は?

商品の製造管理と品質管理においては、食品GMPの許可を受けた工場で1粒1粒丁寧に製造されており、配合成分に関しては、防腐剤や防カビ剤、膨張剤、光沢剤、発色剤、着色料、保存料、甘味料、香料などの不要なものは一切含まれていないので、安心してサプリメントを飲むことができます。

 

そして、ぎゅーっとプエラリアにはたくさんの天然有効成分が含まれています。

 

熊本産すっぽんの粉末やアナツバメの巣、プエラリアミリフィカなど天然の有効成分で作られているサプリメントですので、こちらも安心ですね。

 

ですが、これらの有効成分が効きすぎてしまう方が中にはいらっしゃいます。

 

公式サイトにも注意書きがありますが、体質や体調により、実感が強く出すぎる場合があるそうです。

 

動悸や頭痛、気分が悪くなってしまう等の症状が出てしまうことがありますので、最初は1、2粒から初めて見ると良いですね。

 

その後、異常が現れなければ、規定量の3粒に増やすと良いでしょう。自分の体調と相談して摂取することが大切ですね。

 

また、女性ホルモンにはエストロゲンだけでなく、プロゲステロンという物質もあり、エストロゲンとプロゲステロンがバランスよく存在することが大切だと言われています。

 

そこにエストロゲンだけが多く分泌されてしまうと、女性ホルモンが乱れて、生理不順や下痢、便秘になる可能性もあります。

 

ですが、ぎゅーっとプエラリアは人間の1日の摂取目安量400mgのうちの282mgとなっいますので、危険性はありません。

 

安心してバストアップのためにサプリメントを飲むことができます。

 

 ぎゅーっとプエラリアを使用して副作用はあるのか?

ぎゅーっとプエラリアには大豆の40倍のイソフラボンや有用成分ミロエストロールやデオキシミロストロールなど、女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンが多く含まれています。

 

これらの成分は女性らしいスタイルやバストアップ、そして美容にと多くの嬉しい効果をもたらしてくれます。

 

ですが、副作用が出てきてしまう方もいらっしゃいます。その原因として、プエラリアの過剰摂取です。

 

女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があるのですが、プエラリアに含まれているのは卵胞ホルモン(エストロゲン)です。

 

プエラリアの過剰摂取により、卵胞ホルモンのみが増量されてしまい、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

 

そのため、不正出血や体調を崩してしまったりすることもあります。

 

また、乳がんの発症率が高くなるという説もありますが、科学的な根拠はありません。ですが、既に乳がんを発症している場合はエストロゲンが乳がん細胞の進行を早めてしまう可能性があります。過剰摂取は危険です。

 

たくさん飲めば、早くバストアップできるというわけではありません。ですので、必ず容量は守ってサプリメントを飲むことが大切です。

 

また、副作用を防ぐために飲む時期も気をつけることが大切です。

 

女性ホルモンの影響を受けやすい時期や女性特有の病気のある方は、ぎゅーっとプエラリアを飲むことは控えた方が良いでしょう。

 

例えば、ピルを服用している場合や、妊娠中や授乳中、病気の場合は、甲状腺異常、女性特有のガンや生殖系の病気などでしょうか。

 

また、20歳未満の方も女性ホルモンがまだ安定していません。女性らしさを作るエストロゲンは20代後半から30代でピークを迎えます。それ以降に減少してしまいますので、20歳未満の方の摂取も控えた方が良さそうです。

 

そして、なにより大切なのは、信頼できるところで製品を購入することです。プエラリア・ミリフィカが使われているサプリメントは今やたくさん存在します。本物でない場合には副作用を起こす可能性もあります。

 

間違って購入しないためにも、公式サイトなど信頼できるところで購入しましょう。

 

ぎゅーっとプエラリアの口コミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*